スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2013'09.28 (Sat)

G2最強モンスター

ab000aab.jpg


メゼポルタの運命やいかに…!


【More・・・】





9月25日より実装された"G2最強モンスター"のディスフィロア
リアル事情も一段落しメンテ明けから極征に勤しんでおります

最初は動きも分からず派手なエフェクトに惑わされ面白く感じませんでしたが
数をこなしていくと各モーションの対応もできるようになりかなり面白い!

シャンティエンは嫌いでしたがこちらは苦にならず何戦でもやれそうです(∩´∀`)∩











レベルが上がり追加のモーションもひと通り体験したところで動画を撮ってみました
動画の時点ではディスフィロアのレベルは247でした

個人的に各モーションで気をつけている点を書いていこうと思います
()内の数字は動画でそのモーションを繰り出している時間




~レベル問わずしてくるモーション~


・上空旋回ブレス→氷弾ブレス着地(6;59~)

開幕ムービーからの確定行動で戦闘中にも結構な頻度で使ってくる
開幕の場合は初期位置の真横に飛んでくるブレスをやり過ごした後に左に行けば対処できるが
戦闘中に出してきた場合が厄介で端で位置がずれたりすることもあるが
落ち着いて対処すればやり過ごすことが出来るので慌てずに

威嚇のようなモーションからバックジャンプで飛び上がり旋回ルートの少し外側にブレスを撒きながら
最後に中心に氷弾ブレスを撃ちそれを砕くかたちで突進してくる
この時に注意するのが下手に外側に逃げようとしないこと
帰って旋回ルートの中心にいたほうが序盤の方は楽にやり過ごせる
旋回が終わったら最初に飛び上がった位置から向かって少し左側にディスが陣取るので
そちらに向かって旋回ルートの外側に抜けるといい

ちなみに開幕の上空突進後はタゲの位置によって確定モーションが違うようで
ディスの前側にタゲがいると軸合わせ後に跳びかかり後ろだと尻尾振りになる模様



・左右尻尾振り 跳びかかり【小】
アルバトリオンと全く同じモーションで繰り出してくる
特に注意すべきことはないが跳びかかりの発生が早いので
小さく軸合わせとしてきた時は常に警戒しておくと良い



・地上突進 2連ひっかき
こちらもアルバトリオンと同様のモーションで繰り出してくる
突進は向かって左側に避けると回避しやすいが尻尾の判定に注意
ひっかきは尻尾の判定と周りに氷塊が発生するので中間距離は注意



・180度回転噛み付き(3:25~)
身体を180度捻って噛み付いてくるモーション
発生速度は並といったところだがディスの右側にいると回転の時に尻尾の判定がくる
逆に左側だと真横に居るだけでやり過ごせるので位置によって対処したい
なお尻尾の判定がいやらしく逆に噛み付きの判定は甘い模様



・180反転ブレス(1:50~)
噛み付きとは違い尻尾に判定はないがモーション速度が早めで
向き直った時に真正面中距離にいる場合非常に危険
噛み付きとブレスの見極めで対処したい



・地上ブレス
後ずさりした後にブレスを発射する、炎弾と直線上の氷冷のものがある
両者ともに中~遠距離にいた場合非常に危険で威力も高いので警戒しておきたい
炎弾は着弾後扇状に爆発が広がっていく氷冷レーザーは周りの吹雪エフェクトにも
判定があるので横に逃げても反応が遅いと避けきれない場合がある
近接は攻撃チャンスなので殴りまくろう



・角振り上げ後氷弾ブレス
地上突進後の角振り上げのようなモーションで顔前を薙ぎ払った後に
小さく前に跳んで氷弾ブレスを放ち後ろに下がってくる
顔前は言わずもがな跳ぶ際の尻尾等にも細かいダメージ判定があるので近接は注意



・横飛び後炎弾ブレス(3:37~)
上体を起こし身体に吹雪を纏った後にHCクシャの移動ブレスのようなモーションで繰り出してくる
移動時に地面に氷を撒き散らし着地後に扇状に広がる爆発ブレスを放つ
向かって左後ろ辺りに移動するのでカメラで追えるようにしておくと対処が楽

この後はバックジャンプ後に飛びかかるモーションに確定移行
着地位置はブレスの位置からかなり前にいったところなのでそこまで危険ではない
逆に周りに同時に発生する氷塊に巻き込まれないように注意したい



・爆発突進
覇テオのアレ
ただしこちらは突進前に前方広範囲に氷を撒き散らしこちらの足止めをしてくる
威力がかなり高くガードしても削りで大ダメージなので足止めを落ち着いて対処し回避したい
尻尾や翼に引っかかることが多々あるので横や後ろに居るからといって安心はできない



・空中飛び上がり→各種モーション派生
その場から飛び上がるパターンとバックジャンプで飛び上がるパターンがあり
バックジャンプの場合は後述の3連叩きつけに確定移行する
着地がゆったりなので攻撃チャンスになる



・飛び上がり→氷冷レーザー
その場から飛び上がった時のみ派生する地上の氷冷レーザーの空中版
少し後ろに下がった後に長めの溜めから斜め下に左右なぎ払いレーザーを放つ
前方にいなければ攻撃チャンスなのでモーションを確認したら後ろに移動し攻撃しよう



・飛び上がり→3連ブレス
こちらもその場からの飛び上がり時のみ派生
レーザーを違い放つ際にこちらに軸を合わせてくる
更にブレスの反動で位置が後ろにずれていくので合わせて尻尾側に回避しよう



・飛び上がり→尻尾なぎ払い(4:08~)
これまたその場飛び上がりからのみ派生
アルバトリオンのモーションで尻尾を向かって左側になぎ払う
飛び上がった時に真後ろや右斜め後ろにいると何も来ないので安心
アルバと違いなぎ払い後に氷塊が発生するので注意



・飛び上がり→3連叩きつけ(1:22~)
こちらはバックジャンプ飛び上がりとその場飛び上がり両方から派生する
ただしその場からの派生時は事前に身体を捻るモーションが入る
これもアルバのモーションと同じだが判定は短いので焦らずに回避で対処
周りに発生する氷塊のほうが厄介なのでこちらの方に当たらないように注意



・王者の風格→氷柱発生(5:20~)
2段階移行時に確定で使用しそれ以降王者の風格をした時はこれが確定で来る
まず飛び上がった位置の真下に氷柱を発生させた後周囲に大量に氷柱を発生させる
そして終盤に各ハンター目掛けて火炎ブレスを上から放った後に
各ハンターの足元に氷柱を発生させるド派手なモーション

見た目に惑わされがちだが対処はかなり楽
まずは飛び上がった位置の周辺に行き周りで大量発生している氷柱に当たらないようにする
次に足元にオレンジ色のブレス影が出るので走って前転回避で範囲外に
そして最期の氷柱が足元に発生するのでダイブか走って前転回避で範囲外へ
見た目が派手なのでとにかく慌てないように特に最期のダイブは
攻撃判定が遅めに出るのでしっかりとタイミングを測ってダイブしよう

ガード性能が付いたランスならハイパーガードでもいいし戻り玉で安全に対処するのもいい




~レベル帯依存でのモーション~


・上空氷塊飛ばし
上空で氷塊を生成し左右に飛ばす
低LVで解禁され光る点がディスの影の周囲に2つ発生した時が合図となる
上空に飛んだ後飛ばすので落ち着いて対処しよう



・氷柱生成→飛び上がり旋回ブレス
その場で飛び上がり周囲に氷柱を発生させた後にそれらを一掃する形でブレスでなぎ払う
飛び上がった位置の真下が安置だがモーション速度が早いので最初は見極めるのが難しい
落ち着いて真下に逃げこむか遠距離の場合距離を取るといい



・紫結晶生成後破壊
ぶどうみたいで美味しそう
紫色の結晶を地面から発生させ尻尾でなぎ払う
発生は速いが若干離れていればそこまで怖い攻撃ではない



・前方凍結後剥ぎ払いブレス(3:03~)
角を振り上げるモーションで前方に氷柱を発生させそれをビームでなぎ払う
側面は安置なのでモーションをみたらすぐに横に回り込もう
氷柱は判定が長く中~遠距離の場合は横に逃げでも
避けきれない場合があるので警戒しておくといい

ブレスで氷柱を薙ぎ払った後は蒸気で視界が悪くなるので
カメラを動かして対処しよう



・バックジャンプ氷塊生成→反射ビーム(3:16~)
バックジャンプで前方に氷塊を設置しそこにビームを打ち込み
ディス側4方向に反射させる広範囲モーション
反射させる角度は決まっているので落ち着いて対処しよう
ディスの頭の真横辺りから後ろ側で張り付いていればまず当たらない
近接は位置を見極めて攻撃チャンスに



・巨大氷柱生成→破壊破片攻撃(6:28~)
上体を起こし軽く吠えた後に前方に飛び上がり局地的な吹雪を巻き起こす
その中心に巨大な氷柱を生成した後にそれを破壊し破片で周囲を攻撃する
前方及び側面は危険なようだが後方は判定が甘い
周囲への攻撃は遅れて判定がくるので早めに突っ込んで被弾しないようにしたい
不安ならば遠くにいき距離をとってしまえば安全













ざっと書きなぐったがこんな感じだと思います

初期レベル帯は動画に映っていないので実際体験してもらうしかない
どの攻撃にも言えるのが

"派手なエフェクトに惑わされないようにすること"

攻撃判定自体はそこまで理不尽と思えるものは無いのでエフェクトに惑わされず
しっかり攻撃を見極めていけば対処出来ると思います

ただ近接でしか行っていないので遠距離の場合はまた細かく違ってくるかと(m。_。)m
しかし同じく予備モーションをしっかり見極めると楽に立ちまわることが可能だと思います

好き嫌いがかなり分かれているようなモンスターですが僕は好きなモンスターなので
武具強化のために極征を頑張っていきます!



少しでもディスフィロアに挑むさいの参考になれば幸いです

スポンサーサイト
20:24  |  MHF動画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sin778.blog23.fc2.com/tb.php/332-4ec9957d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。